HOME > Belltree News > 2016年夏休み 短期留学生が帰国

Belltree News

< Home Stay in Oregon  |  一覧へ戻る  |  Belltree 移転先決定!原駅から徒歩2分 >

2016年夏休み 短期留学生が帰国


この夏、御年60歳にて、若き日よりの「アメリカ留学」の夢を実現するべく米国オレゴン州ポートランドへと飛び立ちました。

家族や会社に無理を言い、この年にして若い学生に交って全く初めての土地で英語を勉強するまるで滝壺にダイブするような思いで向かった私を迎えてくれたのは、どこまでも青い空と萌えるような緑が美しい豊かな自然、そして笑顔いっぱいのフレンドリーなポートランドの人々でした。

「私たちはアメリカと日本に分かれて暮らすsistersね」と言ってくれたホストファミリーのJana。学校帰りにふらっと立ち寄っても笑顔で歓迎してくれ、よくお茶をご馳走してれた近くに住むJanaのご両親。いつかまた会える時まで元気でいてくれることを祈っています。

留学先の語学学校PIAも、先生、スタッフ全ての方が本当に親切でフレンドリーな方たちばかりでした。誰もがfirst nameで呼び合うので余計に親しみが増します。

学校は何十年ぶりという私にとって、授業は大変な時間でした。毎日出る宿題、テストの勉強、人生初と言っても過言でないパワポを使うプレゼンなど、重いプレッシャーに苦しみましたが、反面新しいことを成し遂げているという充実感と、unusualな毎日を過ごす快感のようなものを味わっていました。それもこれも個性豊かな先生方が楽しくわかりやすく、「褒めて伸ばす」指導をしてくださったおかげだと感謝しています。

10週間の授業、2か月半の滞在はまさしくあっという間でした。英語のスキルアップのためにはあまりに短すぎる時間。正直言って自分の変化を自覚するにはやはり1年は必要だと思います。それでもこの年にして実現させた初めての留学体験、私の人生の課題をようやくクリアした感じです。

これからの目標はこの体験を無にしないよう、英語に関わっていける何かを見つけること。できれば近い将来もう一度オレゴン・ポートランドへ里帰り(?)してみたい。同じような思いを抱いていらっしゃる方、一緒にシニア留学してみませんか?

最後に…
私の留学に相談にのってくださり、PIA留学にご尽力くださった裕久子先生に感謝いたします。

0[1].jpg
0[3].jpg

< Home Stay in Oregon  |  一覧へ戻る  |  Belltree 移転先決定!原駅から徒歩2分 >

このページのトップへ